人気ブログランキング |

新しいアンプ

6C33真空管のシングルアンプ・・

c0057415_20154473.jpg


この真空管は1本の中に2個の真空管が入っていますが.発熱.と消費電力などを考慮し1個のみを使っていま

す。

実は、当店のいろんな機材を修理していただいている業者さんの私物。

自分用に制作したアンプを貸していただきました。

今迄聞いた事がない音。

マッキンのMC275も凌ぐ音の濃さ・・なんだこりゃあ・・

前記事で取り上げたN3とは全然別の音です。

無論、この真空管の味とともに製作者の意図によるものでしょうけど

修理したCD機などの調整用としても使用していたとの事で

そのご主人のリファレンスともいうべきアンプですね。

こういう風に

真空管アンプなどの場合

制作した熟練のメカニックの意図・好みと

聞き手の趣味が合致した場合

これ以上のアンプはないんです。

ただ・・

これを見つけ出すのは至難の業でしょう。

人間的には生まれも性格も真逆かもしれない

その方と

音・・音楽については意見の一致が

出来たと思います。

無論、この機会を逃す手はありません。

頂戴っーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

えーーーーーーーーだってこれ、自分用だし、又作るの大変だし~

何度かメールのやり取りをしたのですが

私の粘り勝ち・・・

ふっふっふっ・・

当店に居座る事になりました。

やはり

人生粘るが・・勝ちかなっ。

c0057415_2027495.jpg

by baberonia | 2013-05-23 20:31
<< 6C33真空管 VS JBL ... A7とJBL SA660の関係 >>