<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

古い喫茶店にて

四十年続いているらしい喫茶店



c0057415_21464272.jpg




さすがに「入りずらいな」

そんな事を考えつつ眺めていると

普通のお嬢さんが2人店から出てきた

「あっ大丈夫みたいだな」


思い切ってドアを開けてみる


「いらっしゃい」

初老の白髪マスターが愛想よくて気持ちいい

「ランチもうなんですよ・・でもなんかつくりましょう」


く~たまらない

この「なんか」

相手の趣味嗜好も関係なく

「何かつくりましょう」と・・きたきた

すたすたと厨房に入っていったので


カウンターをボンヤリ眺めていた


c0057415_21494584.jpg



このゴチャゴチャのカウンター

涙出ちゃうほどの昭和臭


店内も

c0057415_21503551.jpg





まるでタイムスリップしたみたい。

この軽やかな

なんでもいいじゃん的


そう・・的な風景


そして

厨房から聞こえる包丁の

綺麗な音。

私も料理作るからわかるんだけど

こんな音・・軽やかな音久しぶりに聴いた

珈琲が運ばれてきた


うーーーん・・・美味い


続いてサンドイッチ


あーーーーーーー


なんて表現したらいいんだろう

あっさり焼き目をいれたパン・・そして

手作りですよーいわんばかりのトマトソースと

野菜のミックス


完全に忘れかけていた

ちゃんと手作りしたこの・・感覚を

しっかり味わえた

コンビニに慣れた自分の舌に

この味は染み渡ったりです・


小さい音でジャズが流れている


c0057415_21572560.jpg



「本当はね・・シャンソンとか好きなんですよね

お店ですから・・軽いジャズですけど」


サックスの演奏なのはボンヤリわかるけど

誰が演奏しているかなんてわかんない

でも

もうこの空間にいるだけで

ドンピシャ


「ありがとう・・今日はいいひだ」


そう思えた一瞬


お昼の数時間しか営業できないの

そう言ったマスターは

色々昔話を語り始めて

ドンドン引きこまれてゆく私



こんな空間は大切にしないと・・

そう

大切なんだ
[PR]
by baberonia | 2014-07-29 22:04

アンプ冷却

アマゾンを眺めていると

色々・・なにかしら役に立ちそうなのが

散見しますね。

送料無料というのも・・ついつい

ポちっちゃう原因です。

今回はこれ


c0057415_19523029.jpg



パソコンを冷やす薄型のUSB電源の扇風機


やはりパワーアンプを石に変えたとしても

熱いんです。

なので

丁度サイズとか考えながらポチりました。

付けたというか

置いた感じ


c0057415_1955517.jpg



暫定的に置いて見ただけですから


割り箸の上に・・・トホホホ



お昼のオープンと同時に電源を入れて

今夕方の七時過ぎ

ほんわりって感じの温度でいい感じ

作動音も気にならないですね。


本当は、ウッドケースも問題ありなんでしょうけど

店だし

見栄えがいいですから・・なんとかこの扇風機で

しのいでもらいたいと思っています





さて・・石のマッキンアンプに変えてから

まだ完全に調整していないものの


若いお客さんとか、CD中心のアタックの強い音源を好む人達からは

概ね・・評判がいいです。

これは耳が若いのだからかもしれません

20才代の方と40才以上の方との年の差は聴覚にも歴然とした

違いがでるはずです。自分が気づかないだけで

それと趣味嗜好の違いかも。


ジャズレコードやジャズCD音源については

概同意権が多いのですが

最近のボーカル物・・そして

録音がパソコンでの仕上げの楽曲


これは高音が「暴れる」なあと感じました。

調整不足だろっといわれますが

ほぼ色んな方との同意見です。

不思議な事に全てといわないまでも

マッキンのC27に変えると

録音を選びますが

C24だと

割と適当にどんな録音も平均点に持っていきます


そんな感じなのです。


音源がレコーとですと

これはどちらも合格点。

フォノ端子が秀悦・・というか単純に私の耳に馴染む帯域だから


かな。


これはニュアンスの問題なんですけどね。


プリは今後もとっかえひっかえ


音源で変えてみようとおもっています。


でも

やっぱりパワーアンプのウッドケースは

とっちゃおうかな・・


とにかく

色んなものがありますよー

ネットで買い物


楽しいです。

扇風機

いかがですか
[PR]
by baberonia | 2014-07-24 20:20

マッキンのMC2105

夏場の真空管アンプは暑い

特に当店のオーディオ設置場所は狭いし

普段私が居る場所ではあるけれど

カウンターの中は猛暑になる。

しかもメインは6C33 真空管自体は200℃を越す

なので

手持ちの・・マッキン2300かっとも思ったのだけれど

重い・・重過ぎる 持ってくるのが面倒

そんな事言ってたら

お客さんが使っていないアンプを提供してくれた


c0057415_201967.jpg


MC2105



自重30k  うんうん これならなんとか行ける

C27との組み合わせも考えたのだけれど

もしかしたらどろどろじゃなくなっちゃゅうし

ノブのデザインも一緒だから

C24と組み合わせてみた



c0057415_2024434.jpg



これって

なんというか

単に80年代位までの

ジャズ喫茶全盛の頃・・・

割と組み合わせの多かったプリとパワーだなあ


つまり

時代逆行


ELAC40Hを使っている店はすくないだろうけど

あっADC-1使用していも店もないか・・


普通もったいないもんなあ・・・笑




音の違いは・・・

まあ、どちらのアンプもオリジナルだし

50年近いし

完全な固体とも言えないけど

問題のない音

そうそうこの音って20代にジャズ喫茶で聞いた事あったんだよなあ

懐かしいと共に

耳の衰えを痛感。

つまり

多少キツク感じるんだよね。

ハッキリしていて。


真空管アンプがすっきりしていないとは言わないけど

ほんわか包んでくれる感じがするのは誰もが

思っている事だろうけど

この時代のアンプって

矢継ぎ早に襲ってくる音・・バーン・・バチバチ

一寸前までの一関のベイシーも・・そうだったなあ

それもいいし・・興味も沸くのだけれど

まあ

兎に角

昔の音思い出したくなったら

いいかもね、

しかしアルテックは能率いいんだよね

100Wなんていらないし・・

音の調整とかいうより

スピーカー飛ばすのが怖いので

パワーアンプのゲインは半分程度にして

プリで調整。


どっちのアンプも何時壊れるか解んないしね


モノラルのタムアンプには

最近、EL34を装着

これがいいんだなあ・・スピーカーに重めのワックスを塗って

国鉄時代のレール切った奴を乗せてボディを強化

効果テキメン

締まった良い音です


ほらっレールと今お休みの真空管アンプと

筒状のものみえますか・・

これは、戦艦長門の側砲の薬莢・・本物です。凄く重いです



c0057415_20221725.jpg



まっ

なんとなく

夏の対策でした。
[PR]
by baberonia | 2014-07-22 20:28

客がはいらなくてもいいんだけどね

店の真ん中に

ピアノを移動

左右のアルテック

中央にモノラルスピーカー

このスタイルか゛やりたかったんですよ

だけど

c0057415_17463831.jpg


そうなのです







これではお客が入らない


のです


いいんだけどさ
[PR]
by baberonia | 2014-07-17 17:48

話題ないよ・・


通電していなかったマッキンC24は

どんどん音が良くなってきている

不思議なものだ。

私的感情なのだろうけど

C27のグイグイ感とは違う艶っぽさも

表現されているような。

マッキンの真空管C22以降の石のプリアンプは

2系統の流れがあるけれど

C26と28・・そしてc27と29    C24はどっちかなー

まっドキつい中高域と、薄っすら個性的なって感じの

二通り。あっこれ私感ですからねー

24は薄っすらの方かな

でも、ボーカルに関してはこっちの方がいい感じ


異論あるでしょうけど・・

全てのプリはオリジナルで経験しているから

まっだいたいね。






パワーアンブはもはや不動だろうな

6C33のシングルアンプとタムさんアンプ

これ以上もこれイカもない




やはりオデオの重要な部分は

入り口と出口

カードリッジとプレーヤー・それとスピーカー


c0057415_20334580.jpg



アルテックのA7も劇場用の古いビクターのスピーカーにしても

偶然私の手元に来てくれたのだけれど

特にビクターのスピーカー箱とこのホーンツイーターは

今後かけがえのないものとなるだろう

なにせ、おそらく日本で当店だけでしかこの組み合わせを聴けないはずだし


本当にいい雰囲気をかもし出す良いスピーカーです


c0057415_20373877.jpg



まっウーハーだけは・・マグナボックスの35cmつかっているけどね

非常に軽いコーン紙を使っているのがグッドだと思う

シングルパワーの良い部分を引き出してくれるのよね。


あれれ


話題もうないかも・・


ふぷっ
[PR]
by baberonia | 2014-07-04 22:50

C24もあるんだよね

ここ二週間以上

マッキンのC27を引っ張り出してきて

コントロールセンターとして使用していた。

無論、異論もなく

問題もない。

ただ古いダイオードアンプは

レストアすると大幅に音が変るし

C27だって

1977 ~1983製造の

とても古いアンプなのですから

時々使用が正解かな


なので

随分・・久しぶりに


マッキンのC24を使用することにした


c0057415_16402851.jpg



ほぼ私と同じ年なので

蓋をあけてコンデンサーなどをチェック

抜けていない・・うんうん

正常。

117ボルトなので

無論、ちゃんとあわせます


当時は正規で輸入されても

117ボルト仕様のままだったらしいのです。

古いねぇ・・約50年ですよ 1964~1968製造

マッキンが真空管アンプからダイオードに移行する過渡期のアンプ

デザインもC22寄りで 当時はC22と併売されていたんだけど

その後・・あのマッキン特有のブルー文字のガラス張りフェイスに変ったので

なんか人気なかったんですよね。

数年の短命に終わったプリです。


久々に聞くと

まっマッキンの音ですね。

これだって感じではないのですけど

まったく持ってマッキンの古いアンプは音の傾向が同じ

なので元々好きな音なので

安心できる。

これがね・・レストアとかすると

まるっきり音かわっちゃうから

困るんだよね。

いかに古いプリを交換しつつ

出来るだけオリジナルで使って生きたいデスカラね


この辺のアンプはもうオリジナルの音聞きたいと思っても

中々めぐり合えませんねぇ。


先日、お客さん所の音を聞いてきました

高級最新アンプと最新の何チャラスピーカーで

パソからの音を・・聞きましたよ

そりゃあ・・素早しいです


透明で静かで・・包み込まれるような

いいなーとは思いましたが

一日聞いているには辛いかな

店なので、多少ボンヤリしていた音がいいんですよ

もはや店の音とは世界が別な感じでした。

店に戻ってきて

音を聞きなおし


あーーー


古い音だよね。うんうん

それは認めますな。

あははははは


音の純度でいえば・・

いや~微妙に

フォノイコ⇒パワーアンプ直結がいいな

でも、多くのレコードを聴くには

どうしても音の調整をしたいので

プリは・・重要かな


今度は、スピーカー弄りはじめまーす





追伸

C 24

二日聞き込んで・・





午後、お客さんと会話しつつ

珈琲をドリップしていたとき

なんか艶かしい声が聞こえたので

ちょっとびっくり

お客さんも皆・・後ろを振り向いて

あれっ・・今 誰か変な声だしたよね

そそ・・

なんと、トニー・ベネットのささやきを

その場の皆さんが

本物の声と勘違いしたみたい


私もちょっとおどろいたんだけど


皆が振り返ってしまうほどの

生声を再生することも出来るんだな


マッキンでは、C22のオリジナルでもこんな声は聞こえなかったから


程度が良かったのかな・・あたりです
[PR]
by baberonia | 2014-07-02 17:13