<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

やはり巴里の街並みはいいものだ

c0057415_16403025.jpg




白黒とか・・




c0057415_16405847.jpg






c0057415_16413141.jpg



実は江戸の方から

申し出があり

あるものが

恐らく送られてくる

私にも想像がつかないけど

あっ・・お電話いただいただけで

本当におくられてくるかどうかは

わかんないけど

割と期待はしている

それまで

写真などで

ごまかそう
[PR]
by baberonia | 2014-04-30 16:44

レコード三昧の連休

今までカウンター向かいにあった

50型モニターを移設

完全アナログ体勢にしました。

久しぶりに引っ張り出してきた

ブルーノートあたりを聞きまくっています

c0057415_2252472.jpg
  


でも・・

スピーカー廻りは・・

c0057415_2256507.jpg


やはり・・こんな感じです。
[PR]
by baberonia | 2014-04-29 22:58

マミヤ6

お客さんが居ない時

たまにね

珈琲のみながら

カメラをいじっている

そんな今日この頃



c0057415_2153065.jpg

[PR]
by baberonia | 2014-04-22 21:07

マグナボックス15インチ

はい

なんか手元にあるときになるんですよ

マグナボックスの15インチとホーンツイーター

取り付ける手ごろな箱がないっ

手に入れたいきさつってのが

単純にオクです。

丁寧に梱包されてきたのですが

なぜかツイーターから音が出なくて

クロネコさんとの協議

代金をお支払いしますとの回答

で・・まあ、棄てるなら頂戴よ・・と言って

頂いたのはいいのですが

眺めている内

ソッチ方面のお客さんが来店

あ~と言って治しちゃった

音いいなー

うーーーーん


やはりどうしようかなーー


c0057415_2353223.jpg


ユニット自体はとても軽い

EVの15インチウーハーもあるけど

こっちは鋭く重いので

てっきりマグナ15インチも思いとおもっていたんだけど

おもけりゃいいってものでもないし



先日、ビクターの古いスピーカーは音篭っているよねぇ

散々言われたのが耳にこびりついていたので

ちと・・やっちまおう


c0057415_01971.jpg


ホーンを取り付けて

古いビクターのフルレンジ二つ取り外し


c0057415_02974.jpg



割とこの15インチって検索してもひっかかってこないんですよねー

聴いた人も少ないって訳だな




まあ予想通りの


抜けのよい軽快な低音と

からっとした中高音

具合良くラッパが踊ります

シンバルの シャーンって音も

メリハリがあっていい感じ

ていうか

この箱がすごいなー

全てほどほどに・・でもきっちり

押さえた音をだしてくれる。

いいね・・これ・・

しばらく

これで・・


あっ3日も

持たないだろうって声が聞こえた

この箱って古いから

この程度の手術も大変だったし

これ以上いじって

壊すのはイヤだから

しばらく

いじりませんよ。

いつでもどうぞ


c0057415_0101883.jpg

[PR]
by baberonia | 2014-04-15 00:13

好きな音


誕生日を過ぎて

52歳

半世紀を生きてきたわけだ

店は今年で8年目

このプログを読んでいると

機材の出し入れが頻繁で

何が何だか解んないほど

記事を書こうという意図や

今はオークションという必殺のてがあるのだから

色々聴いてみたい

で気に入らなければ売ればいい

試してみたし

まあ、専門的要素がさっぱりではあるけれど

写真を撮ってプログにアップして・・


無論、それは自己満足の一つ


お店として

始めた頃は、パソコン音源でなんとでも出来るかな

そう思い始めた頃。 可能性ね

CDプレーヤー購入して

やはりプレーヤーでも音かなり変わるなーとおもったり

そして

なんか結局アナログに回帰して

今は、レコード音源主体で

誰も居ない時だけ

ネットラジオとか・・聴く程度。



先日、来日したハワイからの技術者

彼は日本の名だたる愛好家・喫茶店・バーめぐりをしたり

無論、アメリカの超金持ちのオデオルームにも

立ち寄っていたりする人だけど

その人のひと言がちょっと頭に残る


「好きな音を突き詰める事はいい

お店でも他人がなんと言おうと

これがマスターの音なんだよって主張がある店が好き

モノラル専用の装置しかない喫茶店とかさ」

ネット検索していると私もその意見にとても同感

盛岡の古豪のジャズ喫茶あるけど

とても聴けない音・・あっ私はね

ドンシャリだし・・バリバリ・・でもね

それが私の音だってマスターの強烈な個性も相まっての主張が

見えていて潔いっていうか・・

だから悪評なんて「くそくらえ」だし

お客さんも着いている

関東では、

ラッパを使った高額なオデオを置く店あるけど

これも私は嫌い、あの音がね

カラフルな、そして大きな金属製のラッパ

数百万から数千万のスピーカー

圧倒されるけど・・感情移入はしない

でも、お客さんは着いている


そこなんだと思う


お店とか

とどのつまりは

マスターの個性なんだよね

「おれはこれねっ」


大切なんだなーと思った



聴きたけりゃ来ればいいし

音が気に入らなかったら

それは意見の相違ってもんだろ

なんて


そんなマスター少なくなったけどさ。




当店は山の中だし

それもネックにはなっているけど

それはそれでいいと思ったり。

都会でやればいいのにといわれるけど

経費かけて日々店やってたら

今の時代、簡単に閉店だろう

お洒落で、マスタの知識が凄くても

3年は持たない。

時代背景もそうだし

圧倒的に外資におされている業界なのだ。



もし貴方がジャズに関わった店やりたいと思ったら

自宅で出来るロケーションならいいとして

店舗を借りてやるんだったら

数千万の貯金を持っているか

大金持ちか・・

じゃなかったら無理だから

辞めよう




ちゃんと仕事しながら

自宅でお小遣い範囲で

ジャズを聴いているのが1番幸せ

家族もね。


この業界に夢はなし・・


そう思ってもらっていいかなー


私はね、田舎だし

オデオ機材も買ったらすぐ売り飛ばすし

時々、パイプの為の煙草かうぐらいだし

ひび・・小銭も使わないから

ぼんやり出来ている。圧倒的に出費がすくないからね



大阪のお客さんからのプレゼント

プリキュア10周年記念グラス

c0057415_14421983.jpg


私の店の常連の多くは

遠い・・そしてオタクである。

私的には

そんな人達が、普通に「ジャズっていいねー」

と軽く聴いてくれればいいのであって

ジャズ評論やオデオ自慢をする客なんて

これっぽっちもいらないのですよ
[PR]
by baberonia | 2014-04-13 14:50

アメリカからの訪問者

やっとご来店

ハワイから代替え用のエラック40Hを

携えて。そう故障していた40Hとここで交換

新品同然にレストアされた40Hを当分つかってくれと

いうのでありがたく好意にゆだねる事にした

c0057415_22242983.jpg


「これお土産ね」

おーーー渡されたのは

c0057415_222535.jpg


赤いボディのADC-3

金色のADC-1は私の1958年製

ADC-3は1960年代に入ってからの製造。

ADC社は、XLMをはじめとする独自の発電方式「IM」型で有名なメーカーですが、

ステレオ黎明期の初期から軽針圧カートリッジの開発に力を注いでおり、

1号機となるADC-1(1958)の発表時点で既に針圧0.75gからトレースするという

驚異的なカートリッジを製造していました。

(そのころSHUREやELACは少なくとも3g以上の重針圧が必要でした)


しかし

今なお、実質1g以下の針圧に完全に対応できるトーンアームが

ほとんど存在していないことから考えても、

1960年代当時ADC-1を最高の状態で使用することは物理的に難しかったため

改良を重ねて、

針圧を掛けられる上にADC-1と同じポテンシャルをもったカートリッジとして

真っ赤なボディに生まれ変わったADC-3が発売されたんです。

〔一部引用〕

音は

あ~しびれるなあ・・なんだこれ

ADC-1とは違うキラメキが・・

ついでに

手に入ったらもってきておくれ~と

依頼していたピッカリングPICKERING初期 V-15用の

オリジナルモノラル交換針を数本とステレオ針数本

オリジナルは個人所有のものをゆずってもらってきたらしい

c0057415_2236994.jpg




おいおい・・こんなに針あつめてどうすんの

あは・・私はこれで針は終わり

もう機材に金は掛けない為

一生使い続けられるぐらいは

所持しておかないとね



彼の話だと、オルトフォンのSPUを日本人は

高級と思っているそうだけど

そんな事はないそうな。

まっ銘柄に弱い日本人の・・偶像崇拝みたいなもんだなーと

このピッカリングさえ使い切っている人なんてそうそういないよ

と笑い飛ばす

無論、調整等々は全て彼がやってくれた。

私には出来ないもの・・笑

その技術者の兄もご同行したんだけど

劇場用のモノラル用スピーカーをよく観察

50年前に見たことあると・・

たしかにビクターが当時、映画館用に

特注していた箱だと「ほぼ断定」

でも、やはりスピーカーは劇場用だけに

声はいいんだけど・・中位のボンヤリ感がなあ・・

と、しばし試聴

弟の技術者は

いやいや、この音だよ。これが当時の音なんだ

別に今の音に無理やり治す必要はない

と断言。まあここで意見がわかれるんだけど

私はこのままでいいかなー

兄が・・

マスター・・Western Electric24Gの単線もってたよね

おもむろに箱をあけて

中の配線を交換。

はやっ・・

又、試聴

あっなるほど・・しっかりした音になった。

ありがとう。


これから弟のほうは又、日本のあちこちのジャズ喫茶に

足を運ぶらしい

「私感なんだけど、マスター・・ここの音は

私の聴いた限り、ジャズ喫茶の中でも割合良い音だよ」

あらら・・嬉しい限りです。


全国のジャズ喫茶やバーを渡りあるっている人だし

耳は確実。そんな人から色んなジャズ喫茶の音についてレクチャー

これ以上はいえませんが

金かけているシステムほどくだらない音をだしている

つかいきっていないし、メーカー崇拝すぎて

着いて行けないとも言ってた。

そんなもんだわな


c0057415_22543359.jpg





日本の櫻は綺麗だな

日本の女性もね・・



にやりと笑って

お帰りあそばせた
[PR]
by baberonia | 2014-04-11 23:02

球ころがし


最近、記事にしている

古い劇場用のスピーカー

タムさん製作のモノラルアンプの球の差し替えを色々

やりつつ・・思考中

ジャンセンやアルテック使っていたときは

KT88〔KT94〕が抜群に良い感じだったんだけど

不思議ですねぇ

今は割りとこれ


c0057415_0165565.jpg


6F6のナス管

以前も記事にはしたけど

球ってせっかくガラスだし

キラキラ中身が輝いているほうが゛

良い感じなんですけどね

このナス管に替えてから

古いモノスピーカーから

ほどよいサックスが

流れ始めたのですよ

別に他の球がよくないっていう訳ではないのですが

時代的背景なのかな

それともこの球の特性が・・・

まっ詳しい球の特性などは検索しみてください

基本、私の場合は球の容できめちゃうたちですから。

しばらくこの球でいこっと。



ミニチュアの椅子がほしい所です。


c0057415_0242611.jpg




メインのアルテックA7用のアンプはEC33C(6C33C)で変更なし


c0057415_0254073.jpg



300bも一度はシングルアンプで試したのですが

アンプの設計自体がよくなかったのか

私の琴音には触れませんでした

2A3のシングルも

容は大好きなんですけどね

まあ、300Bなどは高価でもあり

当店みたいに営業で使い放題やっていると

お金かかっちゃうからなあ・・

趣味とは又別なのですよ。

でも、やはりもう一度

300Bのシングルアンプは試して見たいですね

タムさんにおねがいしょうかなあ・・


真空管アンプ試したい人は

やはり、良い製作者との出会いが

全てですね

私みたいに「なんもできない」人にとって

自分が最良の音と思う

アンプを作ってくれる人って

大切にしないとです


うんうん
[PR]
by baberonia | 2014-04-09 00:35

スピーカーの掃除とか

実は

前回の劇場用のスピーカーが到着時の記事

早く音を聴きたくて

内部の掃除もちゃんとしていなかった

無論、50ねんの年月と

放置されていた40年以上の事をかんがえもせずに

なので、今回は

ちょっと掃除。

内部を開けて

ほらっ25cmのフルレンジ二本稼動なので

定位とかどーなのよと

まっ素人っぽい考えもあったし

折角コーラルの25cmフルレンジもあるし

やっぱり・・妄想してしまい

実験を・・

うっ

内部をよく観察

今付いているフルレンジ二本を取り外しに掛った


わあっ


まっゴミすごいわなーーー

スピーカーコーンにたくさんの埃が


いろんな意味で写真撮り忘れ

せっせと金属部分は布で

コーン紙の部分は豚の毛の埃取りで

パタパタ


内部の位置関係で

コーラルのフルレンジは取り付けないことが判明

やはり現状のまま行くのがが正当か

タメしに

現状の二本繋げている線を一本だけにして

コーラルのツイーターとともに鳴らしてみる

んーーーちょっと量感が少ないような

二本のフルレンジを繋げて鳴らすのが

いいみたい。

結局始めのスタイルに戻し

c0057415_23324168.jpg



裏蓋を閉めた


箱内部がきれいになり

スピーカーもきれいにして

あっどうせ見えない部分なんだけどね

気分はいい


c0057415_23335045.jpg



ちょっとぼけた

まずはマイルスを

エラックちゃんとピッカリングで


c0057415_23362358.jpg



6V6GT管の真っ黒なタイプに変えた

タムさんモノアンプを使用



c0057415_23373277.jpg



試聴

c0057415_2339477.jpg


まあ良く考えれば

モノレコードなんだし

定位とか

考えてもと・・あとで思いました  笑





しびれるなあ・・


本当はねー


このコンビでならしてみたかったのよ


c0057415_2342422.jpg



あーーー

かっこいいなーーコーラルのデザイン


c0057415_23434649.jpg



60年代の色気といいましょうか


もう現代にはないよね

この形・・そして着色

大切にしまっておいて

何時の日か

適切な箱でならしてみたいなあ。



しかし面倒なんだよ

本当にモノラルレコードは録音の年代

再販モノの場合は、針の太さ

それぞれで

音が良くなったり

悪くなったり

はーーーー

仕方ないのだけれど

一枚一枚

聴きながら

針を1ミリか0.7ミリか

交換しつつ

耳で聞き分けていく作業

時給ほしいなあ




ああ・・そういえば江戸じゃ櫻の季節だわ


そして

4/5は

52歳の誕生日

お客さんが作って持ってきてくれました


c0057415_2349110.jpg



甘いの

苦手だけど

頑張って

食べきります
[PR]
by baberonia | 2014-04-03 23:53