<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ドイツ製 thomann S-150mk2 来たよ

まあ

なんだかんだといっても

プロケーブルの社長のお話を聞いた後

購入してみました。

ドイツ製 クラウン越え パワーアンプ thomann S-150mk2

いつもあのサイトは、販売している機材やケーブル類の絶賛コメントばかりを

載せているHPなのですが

人によっては、あれが嫌味なのかもね。笑

私は、別に嫌でもないし、プロケーブルの社長の

知識と熱さは好きです。

c0057415_2025369.jpg


間違いなく接続してまずは

パソコンから音出し。

いいね・・音に重さがある。

高音も綺麗だし

中低音の押し出しもタップリ。

問題なし。

アンプとしては、説明通り

国内メーカーやマッキン・その他

ハイソ高級アンプとの格差は殆ど感じられない

私は素人だけど・・

沢山の価格帯アンプやオリジナルアンティークアンプの

聞き比べをしてきたから

そんなに間違っていないと思う。

それより、

日本人の特性として・・

値段が高いほうがいい音・・という先入観

それと外見が「華やか」じゃないと売れないから

たった36000円のこのアンプを購入する人は

限られるだろう。

私は、こんな人にお勧めするけど・・

◎音楽を聴きたい人

◎オーディオに金掛けたくない人

◎ソフトを沢山揃えたい人

◎でも、いい音で聞きたい人

以上。

これいじょうでもない

でもこれ以下でもない。

私は、店をやっている立場上

色んな機材を試さないといけない立場なんだけど

レコード収集とCD収集とで

手一杯な場合

オーディオなんて二の次・・三の次でいいと思う

要は、「気分と雰囲気」なのだから

だから・・もっと所有欲を満たす高級アンプが欲しいんだ

そういう人は、それでもいいと思うし

間違ってもいない。

ただし・・

自宅でライブと同じ体験をしようと

やっきになってケーブルやSPをとっかえひっかえ

挙句・・音源を購入できなくなってしまったと

いうのは本末転倒。



オーディオ機材でも抱いて寝てなさい。


今はメーカーさんも

パソコン音源をソフトで操作して

ライブ会場で「1番良い席」を作り出して

それを売りにしている様相なんだけど

疑似体験としては、それもありだと思っている

あくまでも疑似体験なんだけどね。

生禄とは違う・・もはやリアルな音楽では無い事を

理解はしよう。

そんな疑似体験に慣れてしまうと

本当のライブ会場に行ったとき

がっかりしちゃうからね。

自分で思い描いた音楽とは違うものに聞こえるかもだから。


私的には

オーディオに数十万かけるなら

ライブにいけっ・・

生音をきけっ

アーティストさんにお金を掛けろっ


かなーーー。

まっ・・そういうこと。


で、お家では

1番好きなスタイルで

珈琲なり

アルコールなりを一杯やりつつ

リラックスして聞くのが

1番体にいいとおもう私でした。



総評

あいかわらず

プロケーブルの社長は良い目している

そしてある意味、商売上手だと。

いや・・褒めているんですよ。まじで・・。

この道を進んでもらいたいですねー。

よいアンプをありがとう。

お昼の営業時間はフルに使わせていただきます。
[PR]
by baberonia | 2013-06-27 20:58

趣味のオーディオ

レコードはジャケット写真で決める

昔はね。今は関西の収集家から

ミカン箱いくらで譲ってもらっているから

ジャケットを選ぶなんてゴージャスな事は

言ってられないけど

でも、今の所、「はずれ」なレコードは送ってこない

とても信頼できる方なのだ。

c0057415_18324142.jpg


かっこいいなーー

c0057415_1833018.jpg


最近は、大体、アーティストより

録音したレーベルに凝っている

好きなレーベル=好きな音

いくらアーティストがすきでも

録音が好みじゃないと嫌なので。

そんな理由から、自分好きなレーベルを模索しはじめた。




SHURE M64A は相変わらずいい・・

とても好きな音を出力してくれている。

c0057415_18331741.jpg


私の場合、ジャズしか聴かないし

ボーカル物も聞くけど

決して期待を裏切らないのです。 SHURE M64A

誰にでも合うわけでもなし

そして個体差だってあるだろうから

一概にこの機種がいい・・とは断言できないけど

こうなると

真空管の・・SHUREM65ってプリアンプが

気になってきた。

音の傾向は同じだろうし

無論、使用されている12AX7によっては

かなり音の違いがあるだろうな

もう手持ちで、テレフンケン菱形マーク入りの12AX7は

全て放出したから・・今は日立と、東芝と、RCAのものしか

残っていないのだけれど

中国製のMS-22Bは、真空管を交換する事により

面白いように音が変化するから楽しいのだけれど

やはり、シュアーは試してみたい。


さて

大阪のプロケーブルが最近ドイツの業務用アンプの

販売を始めた。

http://procable.jp/products/s_150.html

色んな意味でネットでもプロケーブルの社長は

肯定派・否定派を巻き込んで論争のネタにされる人物だけど

私は6年前から彼を知っていて

共通のお友達もいたりする。

で・・以前JBLを使っていたとき(劇場用の業務用SP)

クラウンD45を使用していた。

ここで昔記事にもしたけれど

彼が絶賛するアレヒのミキサーも使っていた。

結論的に言うと

彼の理論はそんなに間違っていない。

D45もとてもいい音がした。

だけど、安い・・安いと日本人は駄目だ

いくらいい音でも、安い・・そっけない外観のオーディオ機材には

めを向けない。

だけど、それがオーディオであって趣味とするならば

否定も出来ない。

私も店をやっている以上、お客さんが「おおーこのアンプつかっているんだねー」

とある種の「びっくり感」を与えない事には

仕事にならない場合もある。

今は夜だけ・・真空管のアンプに火を灯す。

雰囲気は最高。

でも、昼はいい音だけで充分

なので最近はデジアンで済ませていたのだけれど



久しぶりにプロケーブルの社長と電話で話しが出来たので

彼が今1番推奨するドイツのアンプを購入してみた。

thomann S-150mk2 36000円なり。

大体・・音は想像できるし

きっと間違いないと思う。

色んな意味で到着してから

色々書き込みしますからお待ちを。

もうちょっと落ち着いて

オーディオについてお話したいと思います。
[PR]
by baberonia | 2013-06-25 19:06

SHURE M64AとMS-22B

フォノイコライザーを捜し求めて・・

やっと見つけました。

c0057415_15514868.jpg


SHUREの60年代から70年代にかけてのフォノイコライザー/プリアンプ、SHURE M64Aです。

ネットでの評判は、ゲインが低い・・

おきるのに時間が掛る・・

100Vでも作動しますよと前の持ち主に言われたのですが

届くまでにちゃんと120Vトランスを用意して

いざ・・スイッチオン。いつも聞いているレコードを

試聴。

ほおおお~

A7から流れてくる60年代のサックスが

気持ちよく踊りだします。

当店のシュアー特殊改造カードリッジにぴったり。

求めていた音です。

中音がしっかり・・楽器が分離していて

音像もくっきり。

あっでもおそらく当店の機材だから

いいんだと思います。これよりシュアなアンプや

雑音もすっきりくっきり聞かせてしまう

今のSPだと・・なんか駄目かも。

A7だから

大体な感じでいいんだと思ってます。


これで当店のフォノイコはMS-22BとM64Aで安泰。

c0057415_1552556.jpg


真空管アンプと、最新チップのデジアンで

ふるーいレコードを満喫できますよーー




で・・国産の評判のいいデジタルアンプ

Nmode プリメインアンプ X-PM2も中古で購入

c0057415_15522829.jpg


残念・・当店のSPには駄目でした。

直感ですけど・・。

無論聞き込んで、ピンコードなり周辺を洗い出せば

自分好みの音が出せると思いますが

私の場合、直感で「駄目だわ」と思ったら駄目なんですよ。

これだったら中華アンプの15000円の方が

いいと判断しました。

私感ですけどね。

なので

すぐオークションに出品かな・・。

まっ最新のSPで「はっきり・くっきり」嗜好であれば

良いアンプでしょうから・・問題なしだと思います。

特にクラシック愛聴者には打って付けかもです。

ネットではかなり好評なので、試してみる価値はありますよ。

オークションが無い時代は

オーディオ屋に半額以下で買い取られる惨状でしたけど

今は、評判のいい機種だと、それほど損もせずに売却できるので

ありがたいです。

やっぱり自分のスタイルで聞き込んでみたいですからね。

まあ、多少のリスクもありますけど。



結果

私は、一般の方とは

大幅に趣味嗜好が違うという

事がわかりますよね。

あははははっ





近所のひまわり畑にて・・

c0057415_1553420.jpg

[PR]
by baberonia | 2013-06-19 16:42