<   2007年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

うそついてます。

ごめん・・・親父・・今・・私は・・うそついてます。
悪気・・あるわけじゃありません。
ただ・・・具合の悪い・・あなたに・・
まさか・・今・・・追い討ちをかけたくないのです。
残念ながら・・まもなく・・・あなたのお姉さんが・・・他界しようとしています。
さっきまで・・・楽しくみんなで・・食事していた・・親父に
いまさら・・・こんな・・話・・したくなかった。
急に・・私だけ・・よびだされて・・・
叔母の・・危機が・・告げられました。
長い闘病でした。
もう・・・90です。
だから・・いいと・・思うのです。
人生を全うしたと・・思います。
だけど・・・
弟である・・あなたに・・・今・・この話を・・
切り出せませんでした。
この判断は・・・よかったのでしょうか・・
わかりません。
あなたは・・・もう・・・充分・・・
つらい思いをしてきました。
戦争に行って・・多くの死を見つめてきました。
だから・・・
この状態で・・・妻と・・私と・・・楽しく夕食を食べている・・この状態で・・・
私は・・叔母の・・・危機を知らせることが・・・できなかった。
おそらく・・・明日・・・なんらかの・・お告げ・・あると・・
思います。
その時・・はじめて・・知らされるであろう・・現実を
10分しか・・持たない・・・記憶の向こうで・・・あなたは、どう・・・理解して・・
どう・・かんじますか。
すいません・・・
本当に・・すいません。
私は・・・あなたが・・・・楽しく・・・私達と・・・話しながら・・・
ああ・・今日も・・いい一日だったと・・微笑んで・・
床にはいったとき・・・
私は・・・
実に・・・とっても・・・
実に・・・今・・もしかしたら・・・最後の肉親との別れを
屍としてしか・・対面できない・・状況をつくってしまった・・
私の判断が・・・・
それで・・・よかったのか・・・・
悩んでます。
ましてや・・・ここのプログで・・話する内容では・・
ないと・・思います。
だけど・・・
私は・・今・・・これでよかったのか・・・
悩み・・苦しみ・・・・
あてのない・・・
自分への・・思いと・・
親父への思いと・・・
そして・・・養子として・・迎えられたときから・・やさしく接してくれた
叔母に対する・・愛と・・・
その葛藤の・・ハザマに・・今・・・とっても・・・直面しているんです。
書いていいのか・・そう・・思ってます。
だけど・・・だけど・・・
この・・プログで・・書かないと・・私は・・今・・・放たれた現実と・・
正直・・向き合う事が・・・困難になってしまった。
読んでくれている人・・ごめんなさい。
本当に・・・ごめんなさい。
私の・・ただ・・・私だけの・・・
そう・・・ただそれだけの・・・・・・とっても・・個人的な・・・出来事です。
ごめんなさい。
なぜか・・・・
今・・こうして・私のやったことに・・
親父と・・・笑いながら・・・
「早く寝なよ・・」
なんて・・言って・・寝かしつけた・・自分が・・・
よかったのか・・・・・・・
わるかったのか・・・・。
ああ・・すいません・・・
超個人的な・・・今の出来事です。
だけど・・
別れの多い・・・このごろでした。
つかれちゃいました。
すいません・・
読まなかったことに・・・してください。
ここでしか・・・かけない・・そして・・本音も言えない私です。
[PR]
by baberonia | 2007-05-29 22:45

死に行く者への祈り


ザードの坂井さん・・他界。
うーーーん。
私にとっては・・・・大きなというより・・・
かなりのショックでは、ありました。
そりゃあ・・・熱烈なファンと言うわけではありませんでしたが・・
最後まで・・TVへの露出を避け・・でも・・周囲の意見も取り入れながら
写真集を出したりと・・
つまりは・・本筋で・・中々・・自分らしさを出せずに・・いた人だったのかもしれません。
私より・・五つ年下ですから・・まあ・・・ほとんど・・リアルですごしていたんでしょうが。

売れれば・・売れるほど・・圧し掛かってくる重圧やメディアの圧力にも屈せず
名曲を発表してきた・・
坂井さんに・・・心より・・お祈りしたいと・・思います。
    合掌。。

私は・・もう・・二十年以上前になりますが、テレビの裏側で多少なりとも
仕事していたので・・・
アーティストのつらさを充分認識しております。
たしかに・・・
売れる・・・と・・・いうのは・・・本人の・・才能にも・・よりますが・・・
実は・・・得に・・・今の時代は・・・
本人より・・・すべてにおいてのリサーチすべてなんだと思います。
そこには・・・本人の意思は・・介在しない。
今売れているアーティストのすべてが・・・そうなんだと思います。
だって・・売れなきゃ・・企業は儲からない。
もうからないと・・意味の無い世界なんです。
売れて初めて・・・自分の意思が・・通せる事になるし・・・しかし・・・そこには
自由なんてものは・・存在しない。
あくまでも・・・作り上げてゆくもの・・・それが・・・業界です。
それをはじめて知ったのは・・あるテレビ局でデビューしたての「森高千里」が
局の廊下で・・悲しそうな言葉を投げかけたとき・・・
たまたまでしたが・・・
私の耳に入ったのは・・「私・・ロックをやりたい。こんなミニスカートなんてはきたくない」
それから・・一気にブレイクしたわけですが・・
そう・・・売れ始めて・・ちょっとしてから・・彼女のアルバムを注意深く聞きなおすと
時々・・「ロック」ぽい・・フレーズがでてくるのです。
ささやかな・・抵抗だったのかな。
あっ・・・別にオタクでは・・ありませんよ。
だから・・得に・・・・テレビ出演を拒否しつづけて・・
自分のペースで・・歌い続けた坂井さんには・・・共感以上に・・尊敬の念すら
おぼえていたわけなのです。
別に接点も無いし・・すんごい・・ファンでもありませんが・・
そうして・・・自分のスタイルを築くことへの・・難しさ・・・尊さを
感じるわけです。

そんな事かんがえさせる・・・本日でありました。

さてさて・・・

最近・・・勿論・・朝は・・早いのですが・・大体の作付けを終えて
後は・・・新芽が出てくるのを待っている状態です。
まずは・・・下記の写真にある・・畑に植えた・・「赤カブ」・・・数日で新芽が出てくると
思います。大体は・・40日程度で・・収穫できる予定なので・・来月・・中旬以降に
お見せできるとおもいます。
それから・・トマト・・・長なす・・・かぼちゃが花をさかせ・・
自然受精して・・実に成り始めた「佐藤錦」が収穫となります。
昨年から・・一度も消毒すらせず・・・ハウスもかけず・・まったくの自然な状態で
収穫できるであろう・・・さくらんぼには・・かなりの期待があるのですが・・
おそらく・・・手入れした時の十分の一も収穫できないでしょう。。
だって・・・すずめをはじめとして・・多くの動物達も・・赤い実になるのを「虎視眈々」
と・・待っているからです。
これからは・・そうした・・自然の敵との・・我慢比べとなりそうです。
c0057415_2124748.jpg


    これで・・いいのか・・うはははははははははははははははははははは
で・・・もっともっと・・・いろんなスタイルで・・対決を心みたいと思いますので・・常連の方も
そうでないかたも・・・「よしっ・・・私は・・これでいくけど・・いいか!」と・・
対決姿勢をあらわに・・してください。勿論・・だじゃれでも・・写真でも・・なんでもオッケー
そしたら・・・どんどんプログに行って・・・変体評価してみましょ。
これでいいんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
[PR]
by baberonia | 2007-05-28 21:24

畑までの道のり・・そして・・・空

c0057415_1720912.jpg

この坂を登って・・私の担当畑にいきます。土壁の建物は・・現在・・物置としてつかっている蔵です。と・・いっても・・・自宅より・・大きいのですがね。
c0057415_17203472.jpg

ちょいと・・登りきると・・・ぐるっと・・右に旋回・・・
c0057415_1721110.jpg

実は・・こ・・さくらんぼ園です。もう・・ハウスも取り壊してしまってますが、ちゃんと・・佐藤錦ちゃんは・・・手入れも無しに・・・今年も実をつけてます。超天然物ですじゃ
c0057415_17214569.jpg

これがね・・・「さくさく畑」ちいさいけどね・・・全体の1%の面積もないけど・・やはり・・私にとっては・・栽培するものにも・・よるけど・・限界かな。とにかく・・・小山の上です。
c0057415_17222868.jpg

古くなって・・放置している耕運機の前で・・マミが・・熟睡してます。わかるかな・・白い物体ですよ。彼女は・・今の時期・・日中はこうして・・畑の中で・・昼ねしています。
c0057415_1723239.jpg

そらは・・きれいだなあ・・・
いいなあ・・空気もいいよお。
こうしていると・・自然のありがたみを・・ヒシヒシと・・感じてしまいます。
[PR]
by baberonia | 2007-05-27 18:07

道徳的・・自分

c0057415_21152625.jpg

c0057415_2116041.jpg

うーーん。まだ・・汚くて・・解像度低いな・・・がんばろう・・うははっ。今回は、農業ねたではなく・・ただ・・ぷりぷり・・かいてみました。ひとりよがり・・です。別に意味ありません。
昔を思い出す年になったのかな・・・いやいや・・そうでもないか。
さて・・皆さん・・いかがお過ごしですか。
確かに・・本日早朝に・・「ラディッシュ」種まきしました。
あと・・・十日も過ぎれば・・・葉っぱが出で来るでしょう。楽しみです。

つらつら・・ゆきます。

田舎に・・障害者の養父と同居はじめて・・・まもなく・・・一ヶ月。別段・・思っていたより・・自分自身に変化と・・いうか・・・苦痛もなく・・すごしています。いや・・ほらっ・・仕事場まで・・小一時間かかるし・・・養父の食事とか・・・大変かなあって・・・思っていたんだけど・・・それほどでもなく・・毎日・・お昼以外は、私が掃除・・洗濯・・食事の準備等々・・早朝から・・やってはいるんだけど・・。苦痛ではありません。
実際のところ・・おそらく・・実の父ではなく・・・色々な恩義があって・・・まあ・・・孤児院から救ってくれて・・ちゃんと・・学校に行かせてくれたり・・苦労かけたり・・した・・反動なのかもしれません。実の親子だったら・・・きっと・・・・していないかもしれません。こんな事。
でも・・・まあ・・・今の所・・平穏です。
はじめは・・養父も・・自分で夕食の準備をしようと・・していましたが、今は、私の帰りをまっているだけで・・・私はというと・・急いで帰ってきては・・すぐ・・夕食の準備を始めて・・そんなサイクルです。
これでいいのかもしれません。
おやの面倒を見る・・なんて・・おこがましい・・事じゃなくて・・自然体でできる事をやればいいのかなって・・・そう・・・思いはじめました。
養父も・・以前より・・顔が穏やかになり・・一緒に食事をしているときも・・まあ・・訳のわからない話題を投げかけてきたり・・それでも・・適当に聞きながら・・それが・・うれしくてたまらないようです。
 自然体の親子って・・そんなもんかな・・・日々・・別に課題もなく・・すらすらと・・・流れるように時間が過ぎて・・・・待ち受けているものは・・別れかも・・しれないけど・・・今は・・とりあえず、無理しない程度に・・この・・・年寄りと・・普通に日々を過ごしていこうと・・
思う私です。

まえにも・・書いたけど・・皆さんも・・そう・・離れて暮らしているんであれば・・・親の様子みがてら・・・遊びに行ってみてください。
私は・・・世の中の行事にあまり・・興味なくて・・・無理やり・・「父の日」・・「母の日」なんて・・・消費をあおっていますが・・・
そうじゃなく・・・
なんとなく・・・来てみたよ・・そんな感じで・・お団子ぐらいの手土産でさ・・・
「どうよ・・このごろ・・」そんな・・会話をしに・・いってくださいな。
きっと・・あなたの親は・・・待ってますから。
最近・・
つとに・・・

道徳的な発言が・・増えてきた・・私では・・ありますが・・・
どうぞ・・・諦めず・・・
今後の発言をお楽しみに・・・
読みにきてやってください。
[PR]
by baberonia | 2007-05-25 21:46

いなかの・・・

c0057415_2038140.jpg


そんな・・・訳でありまして・・・つまりは・・・いつになったら・・・もっと・・・リアルに農業している姿をみれるんだって・・・感じなのですが・・・身体障害者の親父に・・だめだしをくらい・・・本日も・・・耕運機で・・・耕しておりました。
明日こそ・・ラディッシュを植えようと・・こころに誓っております。
親父は・・と・・・言うと・・・死期を早める勢いで・・・・私の与えた・・「トマトの新品種」と・・・かぼちゃと・・・ナスを本日・・植え込み完了であります。
日中健全にお仕事・・している私には・・・そのスピードに追いつけませんが・・・まあ・・ゆっくりと・・・のしのしと・・やってまいります。

実家に戻ったおかげで・・・・会社から・・遠い場所に駐車場をかりてしまったので・・折りたたみの・・スンごく・・小さな自転車かってしまいました。これまた・・・かっこいいんて゜す。まあ・・多少乗りにくいって感じですが・・できるだけ早く写真アップいたしますね・・・我が家には・・これで・・四台の・・折りたたみ自転車が・・・。とほほほ・・でやんすが・・どうしても・・・軽自動車のトランクに入る奴が・・ほしかったんですよね。・・・・
折りたたみ自転車ほしい人は・・・どうぞ・・・お知らせください。シリーズで写真アップしていきます。
さてさて・・・
自分自身の近況ですが・・・別に変わったことなんて・・なくて・・・仕事場は・・・まあ・・・暇なので・・・日中は・・・事務所ぷらぷらしたり・・・今日は・・・一人のオフィスで・・昼ねしていたり・・・。
あっ・・・ミニ叶姉妹が・・会社に・・おります。
すんげ~胸が大きくて・・ついつい・・・見つめてしまったりしますが・・・セクハラになってしまうので・・何とか・・・自制心をつくろってます。
まあ・・・そんな・・所でしょうか・・・。
それ以外にも・・なんちゃって・・・中森明菜や・・・オノ・ヨーコ・・なんてのも・・生息している・・会社です。
さてさて・・・明日は・・ちゃんと・・植え付けやって・・写真ちゃんと・・とりたいと・・・
ねがったりする・・今夜に・・ワインで乾杯です。
[PR]
by baberonia | 2007-05-24 20:53

だから・・・

c0057415_2131463.jpg


    すいません。この調子で・・当分・・進めていきます。
    別に意味はないのですが・・・この調子を続けていけば
    この調子の・・パイオニア
    に・・なれるかも・・しれないので・・・がんばります。
    これでも・・・・B型です。
とにも・・・かくにも・・・なんとなく・・・この年にして・・・せっかくの畑のいじり方を・・覚え始めようとしています。
いや・・・別に・・・農民に帰ろう・・なんて・・・野暮な事は・・考えてません。
いいんです。
だから・・・・・いやいや・・・えっとですね・・・・植えて・・・おいしく・・食して・・荒れた土地に
歯止めをかけられれば・・いいと・・・・それだけなんですよ。
  意味なく・・当分・・早朝農業をやってみます。
そのうち・・・懸案だった・・・・ヤギとか・・羊も実際・・飼ってみたいですね。
いやいや・・意味なし・・・ぐうたら・・に・・・やってみます。
[PR]
by baberonia | 2007-05-23 21:31

手書きで・・ばんばん・・どどどんどん

c0057415_21542325.jpg



すいません・・・・今後は・・・少し手書きでやってみたいと・・・つまり・・・

みつお・・・風に・・・・やってみたいと・・・思っていますので・・・。

どうぞ・・・よろしくお願いいたします。

しかし・・・・・・最近の・・・・接続機械は・・・上手くできてまんなあ・・・

うははははははははははははははは。

また・・・明日は・・・五時起きで・・・・耕運機・・・動かしちゃいます。

ので・・・・写真ではなく・・・耕運機を動かしている私自身の絵を描いてみたりしてみます。

どうぞ・・・・ご期待ください。

どんどん・・・つまらなく・・・差し迫った・・・場合でもない・・・・現状になっていく

今日この頃ですが・・・・着いてきてください。

うはははははははははははははははははははっ。

しかし・・・この・・・・タイプ・・打つところの・・数字の・・ボッチ・・・

なんて・・いい加減な・・配置なんだ・・・

とほほ・・だぞ・・・
[PR]
by baberonia | 2007-05-22 22:00

変わらない・・・


朝・・・五時に目が覚める。

台所に行って・・まずは・・井戸水を一杯。

やわらかな・・地下水が・・私の体に浸透してゆくのが・・わかる。

適当にイージーリスニングを選んで・・・広い台所で・・まずは・・

ガス釜のスイッチを入れる。

電気の釜じゃあ・・おいしいご飯は・・たけません。やはり・・直火じゃないと・・

それに・・・井戸水ですからね。最強コンビです。

今日は、大根と・・・椎茸の味噌汁でも・・。

で・・・親父のために「塩しゃけ」の焼き物と、色々な「漬物」を用意。

昨日・・煮込んでおいた・・「サトイモとにんじんと、エノキの煮物」を温めなおして。

今夜あたりが・・・一番美味いかもね。

一通りの朝食を用意したら・・ちょいと・・・着替えて・・・裏の畑へ。

そこで・・30ぷんぐらい・・草取りをして・・・帰ってきたら・・ちょうど・・六時ぐらいかな。

親父か゜・・母の仏壇に線香をあげて拝んでいる頃。

暖かい朝食が出来上がる。

最初は・・私が朝・・起床・・早々に食事を済ませてから・・親父が食べている間に

仕事の準備をして・・出掛けていたが・・・

少し・・親父が・・わがままを言うようになり・・・「朝食は・・一緒に」

の・・意見を取り入れた。

おかげで・・・大忙しで・・・・

ご飯の跡片付けをして・・・・着替えて・・髭そって・・・ネクタイなんて

しめちゃって・・・

車に・・・乗りこむ。

おはようから・・・はじまる・・・ラジオを聴きながら・・・都会までの一時間。

そんな・・・毎日。

別に・・・変わったことがない。

ただ・・・それだけなんだけどね。

さあ・・・明日は・・・早朝から・・・畑の重要な仕事が待っている。

寝るとしましょう。
[PR]
by baberonia | 2007-05-21 22:19

きれいな空

c0057415_23104023.jpg


そうそう・・たまには・・・きれいな・・空を眺めて・・

嫌なことは・・・忘れてと・・・。なんちゃって・・

別段・・差し迫った・・嫌な事なんて・・ないんだけどね。

実際はさ・・・今・・切実な悩みなんて・・ないかもね。

c0057415_23133996.jpg


風で・・なびく・・水面と・・・・きらきら・・乱反射している水面に初めて接しているであろう・・

稲の・・・苗・・・
がんばって・・・大きく育て!

自然は・・厳しいけど・・・やさしいよ。
[PR]
by baberonia | 2007-05-20 23:16

時々

こんな・・ご時勢ですから・・
テレビを見ていると・・・まあ・・・老人の一人暮らしの多いこと。
こんなんで・・いいのかなあ・・
時々・・そう思ったりします。
うちの・・親父は・・・・テレビで・・そんな情報を耳にすると
少し・・にんまり・・します。
まあ・・・最近は・・すこぶる・・機嫌もよく・・ただ・・一緒に住むように
なって・・・食生活も充実したからかも・・しれませんが・・
肉親が・・一緒に住んでいる安心感・・・これに・・尽きる様子です。
私は・・・
親父の面倒を見ようと・・心に決めて・・そして・・
それには・・多大な・・私自身の・・面倒もあるわけです。
仕事場が・・遠くなる・・・妻との別居・・まあ・・・これは・・・
妻自身の仕事場が・・多様性ありすぎで・・・田舎から通うには
精神的・・肉体的に無理と・・判断したからですが。
そんな・・・周囲の理解もあっての・・今の状態です。
それにも・・まして・・・少し・・感じるのは・・・
実子が・・親の面倒を見ない現実。
悲しきかな・・・私の今の親父は・・養父母でありまして・・それは・・常連の方々には周知のとおりですが・・・私は、幼いころ・・孤児院におりまして・・
自分では・・実際・・痛烈には覚えていないのですが・・
まあ・・・兄弟三人で・・パン一枚を食べている・・そんな状態だったのです。
そんな・・状況を救ってくれたのが・・今の親・・・
だから・・・絶対・・・悲しい思いだけは・・させたくない・・たとえ・・・
自分の生活に不利がしょうじても。
そう・・・思っています。
おやの・・面倒・・みれないのは・・・
それぞれの立場あると・・思います。
でも・・・でもね・・・
今の田舎にいると・・・
そんな・・例が多すぎる。
若い人が・・都会にあこがれて・・・
帰ってこない・・・・だから・・田舎は・・老人ばかり・・・
いいのかなあ・・・・
だけど・・田舎には・・・仕事ないし・・・そう思うでしょ。
うんうん・・・解かります。
でも・・・・・それって・・・自分自身の努力が足りないからだとも・・・思うのです。
どこでも・・仕事は・・ある。まして・・・自分に自身があったら・・・資格とかもそう。
逃げている・・人・・多いんだと・・思います。
環境を変える事は・・絶対・・努力が必要になります。
現状維持が・・・楽。
でも・・
あまりにも・・・大都市集中に・・なってしまい・・・
田舎は・・・どんどん・・不利な行政になっているんだよね。

話は・・どんどん・・飛びますが・・・・
六本木・・ヒルズ・・ああ・・・アホな連中の住むところね・・
実際・・とっても・・そう・・思います。
私の友人の・・アメリカ人が・・この間・・田舎に遊びに来てくれました。
でね・・・
日本人は・・不思議だと・・いいます。
だって・・・・IT産業って・・なんで・・・わざわざ・・都会でしなくちゃいけなんだ・・
田舎でも・・ネットつなげば・・・全世界と・・つながるじゃない・・
つまり・・・・そういゅうこと・・・
彼も実際・・著名なプログラマーなんだけど・・・住いは・・オクラホマのど田舎
なんだよね・・儲けたお金で・・自分家に・・ケーブル引いて・・バリバリ仕事している。
で・・・いい空気すって・・・
動物いっぱい飼って・・・食材も・・できるだけ・・手作り。

発想の転換が・・今・・必要になっていると思う。
石原都知事の発言・・聞いていると・・頭くるんだよね。
東京すべて・・・東京が・・・日本の・・心臓だ・・
アホか
お前らの食べている野菜は・・どこで・・作っているんだよ・・
肉は・・・・魚は・・・・
そう・・・人間に大切な・・食に・・関して言えば・・・
田舎がなくなったら・・自滅するしか・・・方法がなくなるんだ。
東京で・・大金かせいで・・・リッター数キロしか走らない・・自動車のりまわして・・
空気汚染して・・・ごみの量増やして・・・・
それで・・・なんの・・プラスにも・・ならないくせに・・・
東京が・・・日本の心臓だ・・なんて・・・・言っている・・彼は・・
本当に・・・・アホな・・都会人・・なんだと・・・痛烈に思った。

そんな・・彼を・・なんとなく・・投票して・・都知事にした・・連中も・・アホなんた゛けどね。
とても・・そう・・・思います。

田舎じゃ・・東京なくたって・・生きてゆけます。
でも・・東京の人々は・・田舎なくなったら・・
輸入食材にたよるしか・・なくなる。
大都市の一人勝ち税金を田舎には・・
絶対・・まわさないって・・石原都知事は言ってたけど・・
なら・・田舎で作った農作物を大都市で売る場合は・・
都市販売税を作って・・田舎に還元してみろよって・・
せつに・・・思う。
田舎はね・・大都市なくても・・・生きてゆけるんだ
だって・・土地あるもん。
自分で・・自分の食べるもの・・栽培て゜きるもん。
素人でも・・・なんの問題もなく・・農業できるし・・・
片手間でも・・充分。。
だから・・・
できるだけ・・
自分の・・・・
腕・・磨いて・・・・
田舎に行こうよ。
きっと・・・
それは・・・・自分の家族を守ることにつながると・・・思うよ。
絶対・・・そう・・・思う。

なんだかなあ・・・

熱く・・語ってしまった。
[PR]
by baberonia | 2007-05-18 23:27