C24もあるんだよね

ここ二週間以上

マッキンのC27を引っ張り出してきて

コントロールセンターとして使用していた。

無論、異論もなく

問題もない。

ただ古いダイオードアンプは

レストアすると大幅に音が変るし

C27だって

1977 ~1983製造の

とても古いアンプなのですから

時々使用が正解かな


なので

随分・・久しぶりに


マッキンのC24を使用することにした


c0057415_16402851.jpg



ほぼ私と同じ年なので

蓋をあけてコンデンサーなどをチェック

抜けていない・・うんうん

正常。

117ボルトなので

無論、ちゃんとあわせます


当時は正規で輸入されても

117ボルト仕様のままだったらしいのです。

古いねぇ・・約50年ですよ 1964~1968製造

マッキンが真空管アンプからダイオードに移行する過渡期のアンプ

デザインもC22寄りで 当時はC22と併売されていたんだけど

その後・・あのマッキン特有のブルー文字のガラス張りフェイスに変ったので

なんか人気なかったんですよね。

数年の短命に終わったプリです。


久々に聞くと

まっマッキンの音ですね。

これだって感じではないのですけど

まったく持ってマッキンの古いアンプは音の傾向が同じ

なので元々好きな音なので

安心できる。

これがね・・レストアとかすると

まるっきり音かわっちゃうから

困るんだよね。

いかに古いプリを交換しつつ

出来るだけオリジナルで使って生きたいデスカラね


この辺のアンプはもうオリジナルの音聞きたいと思っても

中々めぐり合えませんねぇ。


先日、お客さん所の音を聞いてきました

高級最新アンプと最新の何チャラスピーカーで

パソからの音を・・聞きましたよ

そりゃあ・・素早しいです


透明で静かで・・包み込まれるような

いいなーとは思いましたが

一日聞いているには辛いかな

店なので、多少ボンヤリしていた音がいいんですよ

もはや店の音とは世界が別な感じでした。

店に戻ってきて

音を聞きなおし


あーーー


古い音だよね。うんうん

それは認めますな。

あははははは


音の純度でいえば・・

いや~微妙に

フォノイコ⇒パワーアンプ直結がいいな

でも、多くのレコードを聴くには

どうしても音の調整をしたいので

プリは・・重要かな


今度は、スピーカー弄りはじめまーす





追伸

C 24

二日聞き込んで・・





午後、お客さんと会話しつつ

珈琲をドリップしていたとき

なんか艶かしい声が聞こえたので

ちょっとびっくり

お客さんも皆・・後ろを振り向いて

あれっ・・今 誰か変な声だしたよね

そそ・・

なんと、トニー・ベネットのささやきを

その場の皆さんが

本物の声と勘違いしたみたい


私もちょっとおどろいたんだけど


皆が振り返ってしまうほどの

生声を再生することも出来るんだな


マッキンでは、C22のオリジナルでもこんな声は聞こえなかったから


程度が良かったのかな・・あたりです
[PR]
by baberonia | 2014-07-02 17:13
<< 話題ないよ・・ しかしなあ >>