巴里の・・


大雨の五月1日

外の掃除でもとおもっていたのだけれど

これじゃあ何も出来ないし

c0057415_14224317.jpg


昨年滞在していた巴里でも1日だけ

雨の日があったなと思い出した

湿っぽくない雨が

シトシト降っていた。寒いけど

それでも好きな巴里にいるのだから

心は浮かれていたし。

二百年祭前の巴里に住んでいたので

大分、町もかわったかなとおもっていたけど

全然かわっていなかった

c0057415_14283845.jpg


壊しようがない建物が乱立して

石とコンクリートと・・・・

酔っ払って

転んだりしたら

怪我するね。

どこでも一緒か。


c0057415_14314497.jpg



あちこちから

獲物を探す子供のすり集団に神経を尖らせながら

ウロウロする

巴里の街は

いつでも

新鮮

英語で話しかけても

「フランス語わかんないのか」

そんなマルシェの婆さんも

自国の文化を大切にしている。

まあ

かなりの利己主義でもあるのだけれど

それもいいさ。

そんなものだよと

思う。





別にフランスかぶれじゃないけどね

おっ



ぼんやり・・そんな事考えていたら

雨が止んで

太陽の光が差し込んできた




立ち直るのが

早いぜ



そして

また


暑い夏が

やってくるんだろうね
[PR]
by baberonia | 2014-05-01 14:40
<< びっくり やはり巴里の街並みはいいものだ >>