コーラルH-1に変更

前回の記事の

古い劇場用スピーカー

あっウーハー2発ではなく

どうも、フルレンジ25cm二発でした。

すいません

フルレンジ二発で片チャンを出すって

いかがなものか・・

焦点あわないですよねー

でも

まっいいかなと思います。

まっいいかな・・



実は到着してすぐは、

手持ちのデットンのツイッターを付けてみたんだけど

これはこれで良し

だけど・・タム師匠から

「国産だし・・ふるいコーラルあわせたらいいじゃん」

あっ

コーラルH-1の存在を忘れていた

あの素敵なお姿

で・・まずは取り付けてと

フォルテクスのアットネーターで音量の調整

ネットワークによって

かなり音って変るのはわかっているのだけれど

面倒なのと・・複雑な中間いれるのがきらいなのと

コンデンサとか抵抗とかで音の変化があるので

又・・選択幅が増えるのは「まっぴら」

趣味として時々ならいいんだけどねー

あっ趣味なんだけど・・

でも、タム師匠から

コンデンサは入れとけっと指示が飛んだので


ぽちっと

JantzenAoudio Z-Superior 2.2μFを購入

c0057415_1851514.jpg


赤いテープ巻きつけたヤツです

えっ・・雑だっていいたいんでしょ

テープでまいてはありますが

ちゃんと半田付けしていますから~

c0057415_185258100.jpg



ほらっ

正面からは

コーラルが見えるぐらい

初音ミクちゃんが

ちゃんとカバーしています。






まずは、聞いて見ます

c0057415_18574438.jpg



ナット・キング・コール

ふるーいレコードを引っ張り出してきて


「あ~滑らかな高音にかわったなあ」

いいんじゃないでしょうかねぇ


で・・今聴きこみして10時間経過



あっ

前の音忘れたし

良いか悪いか

わかんなくなったわ

オーディオショップで

高級な線材とか・・買わされたとき

かならず

「エージングによってかなり良い音になります」

「一ヶ月位聞いてみてください」

こんな言葉がでますけど

忘れるって・・・

そんなにいつまでも同じ音きかされりゃあ

慣れますよー

線材とかにエージング必要なら

音楽スタジオとか・・どうすんだあ



あっ


主題から外れました。

えっと

ツイッターで

古いジャズ喫茶のマスターが言ってました


「ジャズ喫茶は美味しい珈琲をお出しするのは

当たり前として

その空間で、美味しいジャズを心地よく提供するのも仕事」


そうそう

そうなんだよね

珈琲だけじゃなく音楽も

商品の一部なんだ

そう思うと

良い音追求も必然的な仕事になるんだ



ところで

古い関東のジャズ喫茶「ちぐさ」が

いろんな人の協力で復活

そしてレーベル立ち上げて

CDとかも販売し始めた

http://chigusa-records.jimdo.com/

無論、ポチりました

ご協力のつもりもありますし

ただ

ちぐさの元マスター 偉大な 「吉田衛」の名前をいちいち引用

ここ・・ちょっと気に入らない

店を復活させるのにも・・どこかしこに

吉田氏の名前を散りばめて

たしかに

吉田氏は、日本のジャズの牽引をされた重要な方でした。

でも

なんか吉田氏の名前に「おんぶにだっこ」

過ぎてなんだかなあと思っています



CDはというと

歌うまいですよ。

でも・・そうですね・・特殊な聞き方ではないにしろ

何回も聞いていると飽きます

数回で飽きたので

もう聞かなくていいかな。

別に歌の評論家じゃないですが

単純に何回聞いてもいいなーと

思えるのは、やはり中々いません。

演歌とかなら別なんですけどね

やはり日本人だからなのかな

その辺、表現力というより

体から湧き出るソウル

なのかもね。



当店で歌っていただく方はNYで長く生活し

その土地で歌っていた人

巧いのですよ。

やはり、

日本で修業してもダメかなと思います

本場で

実戦を繰り返してきた人の歌は

やはり聞き応えあるなとおもいました
[PR]
by baberonia | 2014-03-27 21:46
<< スピーカーの掃除とか モノラルスピーカー到着 >>