合研ラボのGK05EcRが到着

落ち着かない

わたしのことです。だって・・

ネット徘徊していたら

こんな技術者さんを発見

https://sites.google.com/site/gohkenlab/

合研ラボさんのフォノイコ

さらに検索

評判いいなーーちょっと聞きたくなったナー

という訳で発注。


c0057415_1359395.jpg


ご本人ともメールで連絡を取り

なんとなく「楽しそうな文面」で

安心したし。

到着して驚いたのはその小ささと

まっ怒られるかもしれないけど

簡単な外見。

まっそれはいいとして

まずは音出し。

むほぉ~なんだこりゃあ

いいねぇ・・難しい話は抜きにして

つか、特性とか、詳しい音の話は掲示板などがあるし

合研のHPファンの声を読めば解りますけど

なんていうか、無理していないなあ

そしてジャズオンリーのわたしとしても「ブリブリぎゅんぎゅん」

ええわ・・

これって

箱をチョー高級に仕上げて・・木枠とかつけて

キラッキラにして~30万ぐらいの価格を付けたら

日本人のオデオマニアに馬鹿売れかも。

なんといっても2万以下でこの音かあ

苦労する必要も無いなあ

わたしので600台位の出荷品ですな。

静かに売れているみたい。

ステレオ録音レコード用に使用。

はい・・モノラル用にちょいと特注して

このフォノイコ2台体制でいく事にしました。

以前からもお話しているように

当店はほぼ毎日20時間程度電源をいれているので

まずは、信頼性が重要。

なので・・タムさんアンプと相まって

信頼できる技術者に現代の部品を使って

使いつづけられる機材を必要としているし

それが正当なのです。

どうせ、アンプ以外はお客さんから見えないシね。

いやいや

フォノイコで悩んでいる方

これは、一つの選択として

検討してもいいですよ。


又、いい人と知り合えてよかったです。
[PR]
by baberonia | 2013-12-17 14:20
<< さてと・・益々調子にのるモノラル再生 モノラル真空管アンブが届く >>