マッキントッシュC-29

今更なのだけれど

蔵の二階に仕舞っておいたC29を引っ張りだしてきた

c0057415_11502442.jpg


このプリアンプは、メイン出力が2つあるから便利。

一つは、真空管6C33シングルアンプへ

もう一つの出力は、thomann S-150mk2へ

アンプからA7への切り替えは

ラックスマンのスピーカーセレクターAS-5IIIを

逆に使って使用している(音質の劣化はほぼなしかな)


マッキンのプリの存在はすっかり忘れていて

ただ、蔵(店)の二階というのは日本という

湿気の宝庫的気候でも、まったくもって

こういった機械物に悪影響が出ないほど湿気を

寄せ付けない。

40年近くミカン箱に放置していたカメラのレンズも

カビは皆無。

高校生の頃にアルバイト代一ヶ月分をはたいて

購入した「高峰ギター」も35年

弦張りっぱなしでもネックが反っていないし

弦にさびもない。

昔の土壁の蔵は凄いなあと感心する。

まあ時々、虫さんがふらついている位だけどね。

そんなものだから、放置しておいたC29も

パネルの気泡が若干でているものの

内部をチェックしたかぎりそれほど

痛んでいなかった。

少し電源を入れて異常ないかを確認後

全ての結線を終えて

暫らく聴いてみた。

当店の真空管アンプは、良くも悪くも

まったくの誇張なしのむしろ石のアンプに近いフラット性能

(修理のプロが自分の調整用としてつくったので)

それと、今回購入したthomann S-150mk2も

実に素直で全てをさらけ出してくれるような音

ある意味、特徴のない真空管と石のアンプなので

ちょっとマッキンのオールドプリで味付けをしたくなった訳です。

中低音が誇張されますなあ・・

A7が最終窓口なので

さして知るべし。

パソコンからの音は、無論デジタルの段階で

イコライザーを使用すれば劣化なく

音の変化を楽しめる。

しかし

あれだけ個性のあった(中位)ミッションのCDプレーヤーは

少し趣を変えて

高域の鋭さが増したような・・

まっ個性的な音といえば

そうなのかな。

近いうちにはレストアに出さないといけないだろうけど

マッキンのプリも・・

たまにはいいものです。

あっフォノ端子については

もう色んな記事で書かれているのだけれど

マッキンのそれは、とても秀悦で

程よい色気を艶をもたらしてくれる

ただし・・

これは私感なのだけれど

当店のエラックプレーヤ+ADC-1と言う組み合わせで聴くと

どうしても帯域が広くなって(今の時代から言うと狭い)

高域がツンツンする。

まっこれはレコードの録音状態にもよるし

当時の録音カーブがレーベルによってマチマチだったことが

起因しているのだけれど

よく聴くレコードでは、この高音が気になったので

マッキンのフォノ端子を使わず

SHURE M64Aを通して聴いてみた

帯域がぐっと狭まって

良い感じでジャズボーカルが聞こえ始まる

これって・・・決して進化しているわけじゃないんだけれど

全体的にクリアーで帯域が広いなんて

音は私にとって必要悪でしかなく

聞き疲れする要因なので

帯域が狭くなって高域も低域も

ほどほど・・が・・いいんです。

まっ普通に家庭で聴く時間から換算すれば

私の場合、一ヶ月で普通に半年分は

時間取られているわけだから

仕方ないかな。



ところで、プリの代わりにミキサーを使うのも有効手段です。

特に今迄使った経験を踏まえて言うと

アレン・ヒースの一連のアナログミキサーは

あんなに接点が多いのにも関わらず

まず、間違いなく今までのプリアンプ選びで

悩んでいた方の心を開放するでしょう。

フォノ端子もとても秀悦だしね。

http://www.h-resolution.com/AH/

ただ・・

ここからは私感だけど

「いい音だから満足」って訳でもなのいですよ

その辺が趣味なんでしょうね。

だけど一度試してみてください。

気に入らないならオークションにでも出せば

大損しないで処分できますから。  笑


これでいいって事はないのかなーー

それがオーディオなのかも。

しかし

良い時代です。
[PR]
by baberonia | 2013-07-02 13:39
<< 夏は暑いのです ドイツ製 thomann S... >>