6C33真空管 VS JBL SA660 &焼き魚の薫り

6C33真空管アンプは当の昔に以前の持ち主によって

エージングがおわっていまして。

当然初めから

酔う音です。

c0057415_2154917.jpg

中低音のしっかりとした感じ・・

A7とのマッチングも絶妙。

で・・

ちょっと前に当店にやってきた石アンプ

JBL SA660はというと

長く仕舞われて来たアンプをレストアしたので

まだ、本領発揮とはいいきれないかもなのですが

本当に時々「おやおや~」という

絶妙の音楽を聴かせてくれます。バスドラの弾むような感じとか

c0057415_2155212.jpg


どっちがいいのか・・

しばらく聞き込んでみても

「こっちがいいっ」なんて決められないのです。

恐らく私の体調・・あとは時間帯とか

色んな要素に左右されて

その時々で「好きな音」が変るからだと

思うのですよ。

デジタルアンプの設計者が言ってました。

今の技術なら「真空管と同じ」音に作る事も可能と・・

そそっ実際問題として

音の出方とか、波長とか、私には理解出来ないけど

測定できるものは、今は真似できるはずなんですよ。

本当はそれでもいいんですけどね。


あっ話はそれましたけど

で・・結局どっちがいいかなんて

決められないのだけれど

とどのつまり

CDを聞く分には

こいつが全て・・

c0057415_21552527.jpg


えーーそこなの~って

このCDプレーヤーが全てですねぇ

当店に来る通称「タムさん」も絶賛の

作り込み・・昔のCD機はどうしてこんなに気合をいれて

作りこんでいるのかって感じ。

一時期、最近の良い音を聞きたくて

マランツのCD機を買い込んで聴いてみたけれど

「いい音だけどつまんない」

3週間で・・オークションでウッパラって

人それぞれなんだろうけど

この年になってようやく

自分のすきな音がわかり掛けてきた。

ツイッターとか見ていると

オーディオマニアが・・色々試行錯誤しながら

毎日、音の変化をツイートしていて

読むのは面白いけど

じゃあ・・どんな音がすきなの?

なんて聞きたくなるときがあるんだよね。


ピュアオーディオっていったい・・

なんなんだろう

あはははは


真空管アンプは・・

たたずまいがすきっ・・色気が好き

暖かさが好き

JBLの石アンプは・・

無骨で雑な音が好き。

それとその「存在意義」が好きっ

ミッションのCDは

その緻密さと、設計者の気合が好き

こんな感じかなー

「生のライブ感」なんてオーディオで求めていない

さっぱりね。

当店でも二ヶ月に一度は一流ミュージシャンの

演奏聴けるし・・ライブ感を求めるなら

ライブに行けばいい。率直な意見ですね。

店の音・・私の音

それでいい。






この時間になると戻ってくる看板猫

c0057415_222914100.jpg


魚の匂いがプンプン

又、どっかの家で、焼き魚

ごちそうになってきたんだろーー



c0057415_21555724.jpg

[PR]
by baberonia | 2013-05-28 22:39
<< SHURE M64AとMS-22B 新しいアンプ >>